読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに読書

書評から日々の考え事まで綴ります

悩める主人公の姿は読む者の鏡である 書評『ハムレット』

あらすじ    著:シェイクスピア
弟に毒殺されたデンマーク王の亡霊が王子ハムレットに真相を告げ復讐を迫る.苦悩しながらも復讐を遂げ,自らも毒刃に倒れるハムレット-古くから伝わる復讐譚が,精妙な劇的構造のもとに近代的な心理悲劇に生れ変わった.世界中で愛読され繰返し上演されてきた,詩人の代表作.

 どんな本か?

  シェイクスピアの代表作であり、『マクベス』『オセロー』『リア王』とともに四代悲劇に数えられる。父の死に端を発する復讐の連鎖に復讐を遂げつつも自身もその凶刃に倒れる。

感想

 同じものでもその意味することが異なる演出が多くみられる。例えば、空砲。劇はハムレットの叔父であり王でもあるクローディアスと母であり妃でもあるガートルードの婚姻を讃える祝砲から始まり、復讐を遂げるも死んだハムレットを筆頭に復讐劇を演じた者達の弔砲によって幕を下ろす。毒。クローディアスは毒によって玉座とガートルードを手に入れ毒がすべてを奪っていく。

 

 対照的に描かれる。祝宴であるはずの婚姻会場で周りが煌びやかに装いを飾るのに対しハムレットは喪服。共に父を失い復讐を誓うハムレットとレアティーズ。ハムレットは狂気に囚われたと噂が立ちレアティーズは剣技の誉れが高いとの評判。

 

 

<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=microx-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=4003220498" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>