読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに読書

書評から日々の考え事まで綴ります

書評『ファウスト 第一部』

あらすじ   著:ゲーテ
ゲーテ(1749‐1832)はこの大作を24歳で書きはじめて82歳で書きおえ、83歳で没した。詩人の天才をもってしても完成に殆ど全生涯を要したのである。『ファウスト』第1部では、学問の無力に絶望した大学者ファウストが悪魔メフィストの助力を得て官能的享楽の限りをつくそうとするが、それは心清き少女グレートヘンの痛ましい悲劇におわる。

 

  戯曲のような体裁になっているため、頭の中でそのように再生される。広く民衆に伝わるファウスト伝説を下敷きに「世界および人間についての深遠な思想と、詩人の生涯の豊饒な体験とを生かす」ことで他のファウスト伝説を題材にした作品と一線を画している。学問一辺倒だった人間が恋愛に救いを見出そうとするのは、森鴎外舞姫』しかり文学のテーマ足りえるのだろうか。まだ第一部しか読んでいないので早く第二部を

読んで感想をまとめたい。

 

関連

書評『ファウスト 第二部』 - 徒然なるままに読書

 

<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=microx-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=4003240626" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>