読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに読書

書評から日々の考え事まで綴ります

映画『ウォール・ストリート』

あらすじ

 2001年、8年の服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)。カリスマ投資家の面影は消え、すっかり過去の人と成り果てていた。2008年、勤め先が経営破たんに追い込まれた電子取引トレーダー、ジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)は恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親であるゲッコーに近づき、ある提案を持ちかける。

 どうやら『ウォール街』の続編らしいです。内容が続くというより前作の主人公が登場するようですが。映画を観ていて分からなかった用語をいくつか

 空売り・・・証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻       すことで利益を得る投資方法

 モラルハザード・・・政府による介入救済が見込めることで銀行などが危機管理を           怠ること

 父同様存在である経営者の自殺から復讐を決意するジェイコブ。そのためには違法ぎりぎりの手段をとり、そして自ら懐に入っていく。様々な取引が交錯するなか誰が勝者になるのかまたジェイコブが復讐を遂げるのかが見どころでしょうか。現在の金融システムが巨大すぎて危機の原因である銀行をもう潰すこともできないとは考えさせられます。

 

 <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=microx-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&ref=tf_til&asins=B005NFMCMG" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>